2018年7月29日日曜日

【個人山行】倉ヶ岳クライミング

倉ヶ岳クライミング

2018年7月29日(日)
メンバー:4名


下界は熱波だったようですが
倉ヶ嶽では
日陰のゲレンデにずっといましたので
駐車場のアブの襲撃さえかわせば
思いの外、快適でした。

手前のゲレンデあたりは
夕方まで木陰になりますし
湖面をわたる風も心地よく
クーラーボックスがあれば
なお楽しく1日過ごせます。

直射日光あたる雑穀谷は
さぞや暑かったでしょう。

Oさん、Uさん、
Hさんの勇姿送ります。

特にOさん、Uさん、
ナイストライでした。








2018年7月28日土曜日

【個人山行】八ヶ淵遡行

八ヶ淵遡行

2018年7月28日(土)
メンバー:2名

比良山系の八ヶ淵を遡行し、途中から一般登山道経由で武奈ヶ岳を周回しました。
子熊やマムシに遭遇しましたが、楽しい山行になりました。

八ヶ淵の下部の滝は半分ほど、脇の登山道にエスケープしたので
また機会があれば再挑戦します。










2018年7月22日日曜日

【個人山行】唐松岳

唐松岳

2018年7月22日(日)
メンバー:K、N(2名)

涼しい山でお花を見たいと主張し、沢明けのKさんを連れ出して唐松岳に行きました。

スタートが高校生の団体と一緒になって焦りましたが、向こうはゆっくりペースだったのですぐに離れ、ひどい渋滞もなく歩けました。

眺めよく、風は涼しく、お花はたくさんで、帰りに糸魚川でKさんオススメのレストランは美味しく、大満足な1日でした。
動力で標高稼げるって素晴らしいですね!












2018年7月21日土曜日

【個人山行】梨谷川美ヶ谷溯行

梨谷川美ヶ谷溯行

2018年7月21日(土)
メンバー:K(1名)

たいらスキー場の林道の少し先から
梨谷川の支流のそのまた支流の
その名のとおり美ヶ谷という沢です。

入渓からすぐにナメや滝があり
高巻きも一度もせずにそこそこまで行けます。

稜線に出ようとすると
最後は藪こぎがありたいへんですが
途中で引き返せば
かなり快適な沢登りが楽しめます。

オロロはまだ全くいませんでした。











御嶽山(継子岳周回)

2018年7月21日

御嶽山(継子岳周回)
メンバー:Hu、WT


黒沢口(中の湯)から ニノ池、五ノ池を経由して 継子岳を周回。
北御嶽は初めてでしたが、剣ヶ峰付近とはまったく雰囲気が違い 静かで 爽やかな高原でした。
良さそうな斜面があり、濁河温泉からのアプローチで BCでも 行きたい!

ニノ池は灰色でした。。

賽の河原を渡って

飛騨頂上

ようやく、継子岳と継子Ⅱ峰がみえました

継子岳山頂(5時間かかりました)

コマクサの群生地がいくつかあります


三ノ池は 艶やかな色
トータル9時間30分(休息込み)


2018年7月1日日曜日

【個人山行】白木峰

白木峰

2018年7月1日(日)

メンバー:K、Y(2名)


岐阜県宮川村から小白木峰から白木峰に行ってきました。ニッコウキスゲが
ちょうど見頃で暑いと思ったけど風が強くてなんとか歩けました。








2018年6月23日土曜日

【個人山行】海谷三山

海谷三山

2018年6月23日(土)

メンバー:K、K(2名)

海谷三山周回しました。

シーサイドバレーにクルマをとめ
大神堂の旧登山道から登り始めましたが
この道は、既に廃道になってるんですね。

1時間半、大藪をこいで
ようやく登山道に合流したときには
すでにヘトヘト、披露困憊。

そこからリスタートして
駒ヶ岳、鬼ヶ面山、鋸岳、
最後の雨飾温泉から7キロの林道歩きと
二人とも完全燃焼でした。

歩く距離、累積標高差とも
早月尾根並みでした。






2018年6月17日日曜日

【個人山行】宝剣岳中央稜?…激レアコース

宝剣岳

2018年6月17日(日)
メンバー:4名(うち会員外1名)

中央稜取り付くつもりが
勘違い?で何やら大半がハイマツ漕ぎに。

それでもかなりの高度感の中、
4ピッチほど積み重ね
何とか山頂までたどり着けました。

引き上げたり、フィックスにしたり
色々と臨機応変にロープワークも考えて
よい経験になりました。

最終ロープウェイに間に合うか
冷や冷やでしたが
何とか最終ひとつ前の便に乗れました。

図書館で登山大系見てきましたが
このルートは全く記述がないので
この数年、ほとんど登られていない

もしくは、残置シュリンゲ、
ハーケンが要所にありましたので
積雪期の下降ルートではないかと思います。

いずれにせよ、
残置の古さ状況からみても
激レアコースでした。