チャムラン山の会ホームページ  石川県勤労者山岳連盟

2013年11月25日月曜日

不動岩へ再び

日程  : 2013年11月23日(土) 快晴
 
  メンバー : 山本俊 + あこがれメンバー6名 +他2名
 
 
 最寄り駅「道場」に9:30に集合し、メンバーと話をして、不動岩に行くことにした。
「道場」駅からは、烏帽子岩も不動岩も歩いて行けるが、次回、烏帽子岩に行くことが決まっているので、不動岩に行くことになった。不動岩までは、川下側に歩き、広場の奥から急登をすこし登る。
今回は、前回行かなかった、シアターの岩へまず向かった。そこは、5.6から、5.11台がある岩の場所で、「捲土重来」(5.7)でアップし、久し振りの不動岩の岩質を確認した。比較的易しいルートが多い場所である。シアターで2.3本登ってから、スカーフェイスの岩へ向かった。

シアター右側
不動岩_シアター左側
 スカーフェイスは、今回御一緒のメンバーのSさんやHさんが開拓したルートが沢山あり、
今回は、開拓者に見られながら登ることとなった。今回は、
「ご懐妊」(5.10C※100岩場グレードは誤記とのこと。開拓者の話なんで間違いない)をトップロープで登った。流石に、グレード高く、下部のバランス必要箇所と、上部のハングで何度かテンション必要で、総合力を要求される、とても良いルートである。また、
「喜望峰」(5.10a※100岩場にはないが、スカーフェイスの向かって一番右のルート)をギリギリながらも
オンサイトした。ここも、ホールドを探しルートファインディングが楽しいルート。
開拓した方々は、開拓したルートを登ってもらうのはうれしいとのことで、喜んでいただけた。
自分にとっては、そんな方達と知り合いになれ、一緒に登れて本当にありがたいと思う。
 その後、隣接するMCフェースの岩に行ってみたところ3~4パーティがいて混んでいた。
MCフェースでは100岩場に記載のない、向かって左側にも沢山のルートが新設されていて、
その中の、「ヒイラギ」(5.10a)をフラッシングで、「アベノミクス」(5.10c)をトップロープで登った。
こちらも、登りやすい良いルートで、次回は「アベノミクス」をレッドポイントしたい。
  夕方近くなったので、スカーフェースに戻ると、「殿様気分」(5.10c)をトップロープにして
待っていてくれて、登らせてもらった。こちらは、先の5.10cと違い、細かいホールドでバランスを取ることを要求されるルートで、何度もテンションをもらい、やっと終了点にたどり着いた。
 やはり、5.10cはノーテンションでは難しいとヒシヒシ感じ、もっと精進が必要だな?と痛感し、
本日のクライミングを終了した。
上手な方達がおっしゃるには、各グレードにはグレードを感じるキーになるホールドなどがあり、それらによってグレードがほぼ決まるそうだ。だから、自己グレードとその上のグレードの違いを、見極め、感じながら登りの経験を積むことが大事だとアドバイスをいただいた。今回そのことがなんとなく感じられた気がする。また来たい岩場である。チャムランのメンバーともぜひ来たいと思う。

2013年11月6日水曜日

小豆島でクライミング三昧

 
 日付   : 2013年11月2日(土)~11月4日(月)
メンバー : 山本俊+(あこがれメンバー4名)+ごま塩さん
宿泊   : 吉田オートキャンプ場(♨あり、クライマーはテント代¥300/人)
 
 
 
 
 11月1日夜10時頃、神戸を出発し、高松を経由し、小豆島に朝到着。
早速、1日目の目的地、拇岳へ向かった。
 
    
 
 

 (1日目) 快晴

★ 拇岳(おやゆびだけ) - 赤いクラックルート 
          <5.9 5ピッチ>約半日

 久し振りのマルチピッチ。朝一番乗りだった。
 今回は、4名、2パーティつるべで登った。
 核心近くはかなり難しく、Allフリーでは登れなかった。残念。
 左写真の尖った岩の頂上(終了点)になんとか立てた。
 ボルトは古くほとんどがリングボルトだった。要注意。
 バックアップはしっかりとる必要がある。

  
 ★ 吉田の岩場  
     - ビギナーズロック上、ビギナーズフェイス <5.7>RP
        ベムロック、龍男のバースデイ<5.10b>※トップロープ

  
  吉田の岩場は、関西の小川山と言われるだけあって、
  大小さまざまな岩があり、半日、吉田の岩場
  で過ごした。沢山の岩群に感動した。
            



    
 
 (2日目) 晴れのち雨(14:00頃)

★吉田の岩場
 - トップロック、翔ぶがごとく<5.9>マスターRP
         野人<5.9>?テンション
         BACCO<5.9>RP
         下克上<5.10C>※トップロープ
         RON<5.10a>2テンション
    きもちんよかロック、
         Sケイプ<5.9>※トップロープ

他の人はリードで登ったているが、実力がないので、
トップロープで登った。野人はとても、<5.9>でないくらい難しい。リード中、テンションをもらった。  
左は「下克上」、右は「BACCO」

  (3日目) 晴れのち激しい雨(12:00頃)
                           ★吉田の岩場 - ビレッジロック、
 
                                     スカイウォーカー゙<5.10a>※トップロープ            
         黒い花束<5.10a>1テンション
        松の木小唄<5.10a>RP

        
          - トライアルロック、
        カラス小僧<5.10a>※トップロープ

最終日は、前日の雨の影響をあまり
受けていないルートを中心に登った。
ビレッジロックは、テント場から見えていた
岩で、とても快適な登りだった。
フェリーギリギリまで登れるかと思っていたが、
突然、雨雲で暗くなり激しく雨が降って、
小豆島のクライミングは終了した。
気候も良く、数えきれないほどの岩とルートがあり、とても良い岩場だった。
自分的には、10aが一本RPできたことがとてもうれしかった。ぜひ、また来たい。
今度、会で遠征しましょう!