2019年10月7日月曜日

【赤兎山クリーン登山】のお知らせ

クリーン登山、募集しています!

行き先は、赤兎山です。
秋の赤兎山、登山を楽しみながらゴミ拾いをしたい!という方はもちろん、チャムラン山の会に興味のある方など、ぜひご参加ください。

▼山行日:2019年10月19日(土)
▼主催:チャムラン山の会(石川県勤労者山岳連盟加盟)
▼行程:三ツ谷・林道~小原峠~赤兎山の往復
▼集合時間・集合場所等詳しい内容・参加希望の連絡は、
 下記のメールまでご連絡ください。
応募締め切り:10月11日(金)
▼お申し込み先:石川県勤労者山岳連盟チャムラン山の会
▼メールアドレス:chamuran@iwaf.jp 


2019年8月7日水曜日

チャムラン募集登山のお知らせ

一般の方を対象に募集登山を行います。

行き先は、昨年中止となった奥大日岳です。
秋の奥大日岳に登りたいという方はもちろん、チャムラン山の会に興味のある方、
ぜひご参加ください。

紅葉の始まった北アルプス大日連峰から剱岳、立山連峰の展望を楽しみましょう!
ベテラン会員がご案内します。

▼山行日:2019年9月28日(土)29日(日)
▼主催:チャムラン山の会(石川県勤労者山岳連盟加盟)
▼行程:立山室堂~室堂乗越~奥大日岳~前大日岳~大日平~称名滝登山口
▼集合時間:AM5:30 (29日金沢帰着はPM5:00頃を予定)
▼集合場所:JR森本駅 (集合後、森本IC近くの駐車場所へ移動)
▼費用:合計 17,000円
(大日小屋宿泊費、交通費、保険料等の費用を現地にて、直接お支払いいただきます。)
応募締め切り:8月31日(土)
▼お申し込み先:石川県勤労者山岳連盟チャムラン山の会
(和多田)090-9767-5994
lilacmie@gmail.com
(松本)090-2379-6623
m-bunanomori@pure.ocn.ne.jp
★紅葉の始まった北アルプス大日連峰から剣岳、立山連峰の展望を楽しみしょう。ベテラン会員がご案内いたします。



申し込み締め切りは、8月31日(木)です。


2019年6月22日土曜日

【会山行】沢上谷

【会山行】沢上(ソウレ)谷
2019年6月22日(土)

メンバー:12名
天気:曇り















2019年6月20日木曜日

【個人山行】神奈山

神奈山(かんなさん)1,909m

2019年6月14日(金)
天気:晴れ
メンバー:3名

シラネアオイの季節がやってきました。
少し足を延ばして、妙高にある神奈山へ。

関温泉スキー場を登り登山口へ。












登山口から約3時間で頂上に到着。

珍しく急登の登り一辺倒のお山でしたが、登山道ではいろんなお花が楽しめました。

















シラネアオイはちょうど見頃を迎えていました。
山頂のあたりで、妙高山がどーん!と見える場所を発見し、そこでランチタイム。
火打山や雨飾山の景色を楽しみ、3人とも夕飯の準備があるため早々に下山。
燕温泉で汗を流し、17時30分に帰宅。





2019年5月5日日曜日

立山・雷鳥沢合宿

2019年5月3日~5日
メンバー:Hu、KMR、HH、KYN、WD、他1名


5/3
朝5:30にチケット売り場に並んだが
結局、チケット買えたのは 8時過ぎで 9:40発のチケットでした。。
テン場着が 12時過ぎ。
テント設営までで、すっかりグッタリ。
14時ごろから
滑り組:雷鳥沢
歩き組:室堂乗越
温泉入って、とり野菜をメインに宴会

5/4
7時前 行動開始
滑り組:別山、劔沢、雷鳥沢を滑る
(別山沢はドロップ断念)
歩き組:雄山ピストン後、下山
温泉入って、鶏ちゃんをメインに宴会

5/5
8時ごろ 行動開始
滑り組:大走り尾根からボウルを滑る
テン場は暑いが上部強風で寒い。。
テント撤収し下山(立山駅着 17時ごろ)
亀谷温泉に浸かり、台湾菜館で中華を食し、解散。


テント場の朝

別山沢エントリー

剱沢 いいラインを残せました!

別山乗越よりテント場

テント場の夜

2019年2月26日火曜日

【個人山行】猪臥山

2019年2月18日(月)

お天気が良さそうでしたので干支の山に登りました。

チャムラン高齢者ワン・ツー・スリー・フォー・ファイブ?勢ぞろいのお山登りでした。
到着時にはもう素晴らしい展望でした。雪は締まってワカン要らずでした。
何時ものパノラマにお山の名前を入れてみました。
原サイズで送りますので大きく拡大して見て下さい。






2019年2月10日日曜日

【個人山行】ラッセル訓練

2019年2月10日(日)

三連休の中日、会員5名で一里野のしかり場までラッセル訓練に行く計画を立てました。
当初ゴンドラに乗って行く予定でしたが朝から吹雪いていて視界不良。
こんな時は無理せず訓練に専念しようと急遽オメナシ谷右岸の導水管尾根を
登り、上手くアップダウンをしないようルート取りをして途中まで行きました。
急斜面の歩き方や複雑な地形の読みなど良い訓練になりました。
山すると晴れるの法則(笑い)。
雪が軽くて気持ち良かったです。