チャムラン山の会ホームページ  石川県勤労者山岳連盟

2015年8月24日月曜日

白山・加賀禅定道日帰り(個人山行)

期 日:平成27年8月23日(日)
行き先:白山(大汝峰、御前峰)
ルート:岩間林道入口~ハライ谷登山口~
                加賀禅定道~白山
参加者:KSN(単独)
天 候:曇のち雨
距 離:約35キロメートル
標高差:約2100メートル
時間計:14時間30分
登    り:約8時間30分
下    り:約5時間30分

(参考)
    標準コースタイム
    一里野温泉~室堂
    距離:18.2キロメートル
    登り:11時間20分
    下り:8時間30分

前夜は、岩間林道ゲート前の駐車場で車泊。夜半、一時やや強い雨。3時30分起床。4時、ヘッデン歩行開始。ゲート横から林道に入る。4時10分、ハライ谷登山口着。真っ暗な登山道を黙々と登る。雨上がりで湿度が高く、思いのほか水分を消費する。2リットルのハイドレーションを準備してきたが、室堂までもたないのではという不安がよぎる。

九十九折りの急登が終わる頃、かすかに空が白み始める。あたり一面は、濃いガスの中。樹間からは、絶え間なく水滴が降り注ぐ。檜新宮で一息入れた後、シカリ場分岐を左に折れ、奥長倉避難小屋まで一気に進む。道中、展望がよい箇所からは、青空を望むことができ、ぐっとテンションがあがる。

避難小屋から美女坂の頭までの急登は、前半の難所だが、今回は、さらに幸か不幸か、登山道の刈り払いが終わった直後であり、青々としたクマザサが一面に敷き詰められ、たっぷりの朝露と相まり、足元が滑り、大変苦しめられた。

8時、美女坂の頭に上がる。距離としては、ここまででおよそ半分。この先は、なだらかな稜線歩きがしばらく続くため、少し楽になるかと思ったが、露払いがいないため、足を踏み出すたびに朝露で登山靴がぐっしょりと濡れる。天池を過ぎる頃には、ついに耐えきれず、靴を脱ぎ、中敷きと靴下を絞り、しばらく天日乾燥。ちょうどこの頃、下山中の男性3人パーティとすれ違う。結局、道中出会った登山者は、この3人のみ。

気を取り直し、遅れを取り戻すべく、ペースを上げて進むが、ここから四塚までが実に遠い。四塚山頂直下の急登では、何度も立ち止まり、息をつぐ。ようやく石塚までたどり着き、一息。大汝峰が目前に迫り、失いかけた気力が再びよみがえる。

気持ちを新たに歩き続け、11時30分、大汝峰着。久々に人の話し声を聞く。感慨もそこそこに、もう一踏ん張りして、御前峰を目指す。最後の岩場を登攀中、振り返ると、剣ヶ峰山頂に人影が見える。よい機会なので、休息も兼ね、しばらく下山ルートの取り方を観察させてもらう。

12時20分、御前峰着。室堂平までは、よく見渡せるが、下界は、ほぼ雲海の中。しかしながら、もとより今回は、展望は二の次。早々に山頂を後にし、室堂センターへ向かう。室堂から大汝直下までの登り返しを考えれば、できれば、高度を下げたくはないが、水を補給するためには致し方ない。ハイドレーションの水は、山頂でちょうど底をついている。

13時室堂発。帰りは、まさに時間との勝負だったが、四塚を過ぎた頃、ガスに巻かれはじめ、美女坂では、ついに本降りとなる。雨に濡れたクマザサに何度も滑りつつ、とにかく足を前に出すことだけを自分に言い聞かせる。16時、奥長倉避難小屋通過。一瞬、ビバークが頭をよぎるが、明日、雨があがるという保証はなく、日没ギリギリになっても、下山することを選択する。

檜新宮を過ぎる頃には、さらに雨脚が強くなり、登山道には、水が溜まり、特に杉林の中は、川になっている。慎重に歩きたいところだが、夕暮れも迫っており、ペースは落とさない。ようやく、登山道が九十九折りとなる地点までたどり着いたときには、足の踏ん張りがほとんどきかない状態。最後は、まさに足をひきずらんばかりにして、ようやく下山完了。



早朝は、濃いガスの中


シカリ場を過ぎ、ようやく展望が開く


百四丈の滝も美しく見通せる


しかし、目指す本峰は、はるか彼方


足元さえ濡れていなければ
見るからに快適な尾根歩き


だがしかし、しばし、天日乾燥


四塚山の登り(かなりキツイ)


ようやく塚が見えてほっと一息


眼前には、大汝峰
(もう一息)


ここまでくれば御前峰まで
(下界は、厚い雲海の下)


果てしない帰り道



花を撮っているとちょうどガスが出てきた
(以降は、本格的な雨)


2015年8月17日月曜日

剱岳・源次郎尾根(個人山行)後編

翌日、2時起床。ダウンを着込んで寝たため、寒さで目が覚めることはなく、テントも周辺とは少し距れて設営できたため、静かな夜を過ごす。テント内で朝食をとり、3時には、ヘッデン歩行開始。

別山尾根経由でアタックする単独行の登山者数人の灯りが遠くに見える。小屋脇の剱沢への下降点を無事過ぎると、数十分で雪渓に出る。軽アイゼンとストックを準備していると、すぐに3人パーティが追いついてくる。聞けば、今日は、八ツ峰のGフェースからアタックするとのこと。

早朝の雪渓上は寒いかと思い、雨具を着込んできたが、それほどでもない。何より、見上げれば、左右の稜線に切り取られた天空には、満天の星々。寒さは微塵も感じず、雲一つない夜空に本日の快晴を確信する。ほどなく、源治郎尾根取り付きの目印となる岩を見つけ、夜明けを待ちつつ、登攀装備を整える。

4時25分、登攀開始。いきなり、お助けロープ付きの岩場があらわれ、少々もたつくが、以降は、手元も明るくなり、ぐんぐん高度をかせぐ。八ツ峰から朝日がのぞく頃、振り返れば、剣沢ははるか下。後立山連峰も美しい。

Ⅰ峰までたどり着くと、早くも剱の頂が目に入る。ぐっとテンションが高まる。ここから、Ⅱ峰までは登り返しとなるが、さほど厳しくはない。間もなく、懸垂地点に到着。さすがに高度感はあるが、今日は我々が一番手なので、落ち着いてゆっくり準備にとりかかる。下降用の支点には、鎖のほか、捨て縄がいくつもかけてあり、どれを使おうか迷うが、えいやとロープ(50メートル)をセットし、懸垂開始。

懸垂点以降は、少し緩くなった斜面をひたすらピークまで登り詰める。太陽も高くなり、やや暑くなってきたが、周りの稜線には、雲もガスもなく、快適に登っていく。

徐々に登頂者の話し声が大きくなってくる頃、9時前、思ったよりも早く、ピークにたどり着く。快晴、無風。かえりみれば、源次郎尾根の全ぼうが見渡せるほか、剣沢の彼方には、薬師岳。海側、早月尾根の向こうには、富山湾も眺めることができる。

ところが、余韻に浸ること十数分。どこからともなくガスが湧き上がり、あっという間に周りの山々は雲の中。あまりの突然の出来事に言葉もない。まさに幸運。こうなれば、通常ルートの鎖場の渋滞も気になり、名残惜しいが、下山を開始する。

帰路は、登山者の数自体はさほどでもなかったが、やはり、鎖場付近は、軽い渋滞中。帰りの最終バスの時刻もあり、できれば早めにテン場まで戻りたいところだが、焦らず、順番を待つ。

12時、幕営地着。軽く昼食をとり、テント撤収。テントの数は、驚くほど少なくなっており、察するに、今日はどのパーティも下山日だった模様。13時、剣沢を後にし、別山乗越を目指す。15時30分、室堂着。

源次郎尾根に取りついてすぐの岩場
(手前にお助けロープが見える)


その後は、ぐんぐん高度をかせぐ

ここは、少しいやらしい

八ツ峰が美しい
思わず、見とれる

Ⅰ峰から眺めるⅡ峰


間もなく懸垂地点
(なかなかの高度感)

懸垂ポイントの支点




懸垂の様子

懸垂ポイントを見上げる

山頂からの源次郎尾根全貌

左、八ツ峰  右、源次郎

帰りの鎖場はやはり渋滞中

梯子も順番待ち

別山尾根から眺める源次郎尾根
(中央Ⅰ峰、左Ⅱ峰)









剱岳・源次郎尾根(個人山行)前編


期    間 :  平成27年8月15日(土)~16日(日)
参加者:K、KSN(2名)
ルート :  剣沢幕営地~源次郎尾根~剱岳~別山尾根~幕営地
天 候:晴れ後曇り(ほぼ無風)
距 離:上記ルート7.2キロ
時 間:上記ルート9時間(尾根末端~山頂:4時間30分)

初日は、剱沢で幕営予定のため、少しゆっくりと金沢を出たことから、立山駅の駐車場は満杯。いきなり1キロ近く歩かされることになったが、幸運にも、当日は「石川県民感謝デー」期間中のため、往復料金が2割引。さらに、旧盆期間中で観光客が多いため、駅から直行バスが運行されており、乗り継ぎなしで、楽々と室堂まで上がる。

室堂の天候は曇り。ターミナルを出ると、さすがに肌寒い。気温は、当日9時で14度とのこと。明け方には、10度を切るかと思うと、真夏用のシュラフでは少し薄すぎたかと後悔する。

観光客の間をすり抜けつつ、雷鳥沢へたどり着き、吹き出す汗をぬぐいつつ、別山乗越を越える。3時過ぎ、剱沢にて幕営。すぐさま、翌朝のヘッデン歩行に備え、剱沢小屋まで下降し、剣山荘との分岐地点を確認。

テン場に戻り、遠目から、源次郎尾根のⅠ峰、Ⅱ峰、懸垂地点を確認しつつ、夕食をとる。時折、雲間から日差しが射すが、剱の山頂は、終始ガスの中。明日の好天を期待し、早々にシュラフに潜り込む。


幕営地から源次郎尾根を望む
(中央がⅠ峰、左隣がⅡ峰)


テン場の様子
思ったより空いている